クレンジング

【徹底比較】水橋保寿堂製薬 エマルジョンリムーバー&ファンファレ ととのうみすとの違いは?

水橋保寿堂製薬 エマルジョンリムーバー&ファンファレ ととのうみすと徹底比較

水橋保寿堂製薬 エマルジョンリムーバー」と「ファンファレ ととのうみすと」は、使い方や効果がとても似ていますよね!ここまで似ているなら比較をする意味がありそうなので、徹底的に比較してみようと思います!

水橋保寿堂製薬エマルジョンリムーバーを試した効果は?【使い方や評価も】
【使い方や評価をチェック】水橋保寿堂製薬エマルジョンリムーバーを試した効果は?目に見える形で毛穴の奥に詰まった汚れを落としてくれる『エマルジョンリムーバー』の使い方や効果などを紹介していきます。 顔にスプレー...
ファンファレ ととのうみすとの効果や成分は?【解約方法や評価も】
【評価や解約方法をチェック】ファンファレ ととのうみすとの効果や成分は?毛穴トラブルをシュッとスプレーすれば解消できると噂の『ととのうみすと』の効果や成分などを紹介していきます。 黒ずみ毛穴やたるみ毛穴...

時短ができるのはととのうみすと

時短ができるのはととのうみすと

エマルジョンリムーバーの基本的な使い方

①クレンジングをする
②15~20回プッシュ
③洗顔をする

エマルジョンリムーバーの基本は、クレンジング⇒エマルジョンリムーバー⇒洗顔の順番になります。メイク前や頭皮対策の使用方法は、今回は割愛しますので、過去記事を参考にしてくださいね!

ととのうみすとの基本的な使い方

①クレンジングをする
②10回プッシュ
③拭き取りor洗い流す

ととのうみすとの基本は、クレンジング⇒ととのうみすとの順番になります。洗顔を省くことができるので、時短になるのはととのうみすとですね!

使い心地はエマルジョンリムーバーの方がスッキリ

使い心地はエマルジョンリムーバーの方がスッキリ
クレンジング後にエマルジョンリムーバーをスプレーすると、スッキリ汚れが落ちて肌もスベスベになります。洗顔をしない状態でも、ぬるぬるする感じはありませんよ♪

ととのうみすとは、クレンジング後にスプレーしてタオルで拭き取ると、少しベタつきを感じてしまいます。ぬるま湯で洗い流す方がいいと思います。

洗い流す必要がないととのうみすとのベタつきが気になるので、使い心地部門はエマルジョンリムーバーの方がポイントGETといった感じですね。

水が白く濁るのはどちらも同じ

水が白く濁るのはどちらも同じ
エマルジョンリムーバーもととのうみすとも、スプレー後に顔から落ちてくる水は白く濁ります。どちらも、毛穴の内側にこびりついたメイク汚れや皮脂汚れを洗い流せているのは同じです。

水が白く濁っていると、視覚的に汚れが洗い流せていることを実感できます。そういった意味では、エマルジョンリムーバーとととのうみすとは引き分けですね。

肌に負担がかからなそうなのはエマルジョンリムーバー

肌に負担がかからなそうなのはエマルジョンリムーバー
肌に負担がかからなそう…というのは、成分を見て判断しています。エマルジョンリムーバーの成分はシンプルですが、ととのうみすとは、かなり多くの成分が含まれています。

エマルジョンリムーバーの全成分

水、海水、アルギニン、フィチン酸、酸化銀

エマルジョンリムーバーは5種類と少なくなっています。

ととのうみすとの全成分

水、アルギニン、フィチン酸、酸化銀、アーチチョーク葉エキス、(アスベルギルス/乳酸桿菌/レウコノストック/ペディオコッカス/サッカロミセス/ジゴサッカロミセス)/(オオムギ種子/ダイズ種子/コメ/アズキ種子/ナタマメ種子/ハトムギ種子/ヒエ種子/アワ種子/キビ種子/アメリカブドウ果実/リンゴ果実/ウンシュウミカン果実/ヤマブドウ果実/バナナ果実/モモ果実/ウメ果実/ナシ果実/イチジク果実/スイカ果実/セイヨウカボチャ果実/カキ果実/パパイア果実/アンズ果実/ニンポーキンカン果実/カリン果実/ヨーロッパキイチゴ果実/クリ果実/ビワ果実/クコ果実/ナツメ果実/ユズ果実/モモルジカグロスベノリ果実/オタネニンジン果実/キャベツ(葉/茎)/シソ葉/ヤマグワ葉/ドクダミ/ヨモギ/ヤブカンゾウ花/サツマイモ根/キクイモ塊茎/ニンジン根/ダイコン根/ハス根茎/タマネギ根/カブ根/ゴボウ根/ヤマユリ根/サトイモ塊茎/ヤマノイモ根茎/クワイ塊茎/カンゾウ根/アカバギンナンソウ葉/マコンブ葉/ワカメ葉/モズク/オニグルミ種子/イチョウ種子/マタタビ果実/ゴマ種子/ヤマブシタケ子実体/マイタケ子実体/シイタケ子実体)発酵エキス、BG

ととのうみすとは76種類と多くの植物エキスが含まれています。

無添加の成分は?

エマルジョンリムーバーの無添加

シリコン、オイル、パラベン、アルコール、合成着色料、人工香料、紫外線散乱剤、界面活性剤、鉱物油、グルテン

エマルジョンリムーバーは10種類の無添加ですが、配合されている原料が少ないので、当然といえば当然ですね。

ととのうみすとの無添加

合成界面活性剤、プロピレングリコール、合成着色料、合成香料、アルコール、パラベン、鉱物油

ととのうみすとは、原材料が多い割には7種類も無添加成分がありました。

成分から総合的に判断すると?

ととのうみすとは原材料が多いので、アレルギーなど副作用が起きる確率がエマルジョンリムーバーに比べると高いと思います。植物由来の成分が多いので安全性は高いですが、成分が多ければその分トラブルが起きる確率が上がるのは必然ですよね。

だからといって、成分が少なければ副作用が起きないというわけではありません。シンプルな原料であれば、判断がしやすくないですか?これがエマルジョンリムーバーの方が、肌に負担がかかりにくそうという理由です。

誤解がないように言うと、どちらも安全性を考慮した上で製造されているので、副作用が起きる確率はかなり低いと思います。最終的には使ってみないと、わからない部分ですけどね。

コスパに優れているのはエマルジョンリムーバー

コスパに優れているのはエマルジョンリムーバー
エマルジョンリムーバー定期便初回

定価1本300ml:2,700円
50%オフ:1,350円
送料:無料

エマルジョンリムーバーは、300ml2本の定期便なので、合計は2,700円になります。お届けは2ヶ月に1回なので、300ml1本で1ヶ月使用できますね。

ととのうみすと定期便初回

定価1本150ml:4,500円
56%オフ:1,980円
送料:無料

ととのうみすとは、定価が高いので56%オフでも1,980円です。お届けは1ヶ月に1回なので、150ml1本で1ヶ月使用できることになります。

エマルジョンリムーバーは1ヶ月1,350円

エマルジョンリムーバーは、1ヶ月あたり1,350円なので1日あたり45円です。ととのうみすとは、1ヶ月あたり1,980円なので1日あたり66円になります。

コストを考えると、エマルジョンリムーバーの方が優れていることになります。ただし、ととのうみすとは、成分が多く含まれているので、根本的なコストは高いと思います。

それでも、定期便初回は56%で購入できるので、ファンファレの企業努力は素晴らしいですよね。単純なコストだけで言えば、エマルジョンリムーバーの方が優秀ということになります。

総合的にエマルジョンリムーバーがおすすめ

総合的にエマルジョンリムーバーがおすすめ
エマルジョンリムーバーとととのうみすとを比べてみましたが、総合的にポイントが高いと感じたのは、エマルジョンリムーバーでした。これは、個人的な見解ですので、最終的な判断は皆さんがしてくださいね。

使い心地や使い方については、どちらも同じような感じなので、この部分では甲乙つけれませんでした。結局、判断の基準になったのはコスト面ですね。

継続して毛穴をケアしていくのであれば、コストが優れている方が使い続けやすいです。その部分では、エマルジョンリムーバーの方が上だと思いました。

実際に使用して、効果があるのかどうかは、購入して試してみてくださいね。おすすめは、どちらも購入して使い比べてみることです。使い心地など、好みもあると思うので、2つを試してみると面白いですよ。